中学受験の志望動機の一つに、「中高一貫校というメリットを生かして大学受験に備えたい!」という点があると思います。
実際に、有名大学の合格者の出身校を見ると、中高一貫校がずらりと並んでいます。
遊びたい盛りに勉強しなければいけない中学受験は可哀想…なんて意見もありますが、大学受験にアドバンテージを得られるのなら、長期的に見たら「苦しい勉強」の量は中学受験組の方が少ない、という考え方もありますね。
それでは、何故中高一貫校はそれほど有名大学への進学実績があるのでしょうか? それは、「6年間という期間を生かして効率よくカリキュラムを構築できる」という点に秘密があります。
中高別学だと、高校受験というタイミングでいったん総仕上げをしなければなりませんが、中高一貫であれば6年間を通して大学受験というタイミングに向けて仕上げていくことができます。
すると、中高別学の場合には高校三年までかかる学習範囲を、高校二年で終えてしまうようなカリキュラムを組むことができるのです。
そうすると、高校三年生は丸々復習にあてることができます。
得意分野を伸ばすにしろ、苦手分野の攻略に使うにしろ、この一年という期間は受験においてかなりの差をもたらすことは容易に想像できますね。
というわけで、中高一貫校は大学受験に向けた準備を整えやすく、結果大学への進学実績が高い!というメリットがあります。