中高一貫校が人気の理由の1つとして先取り学習ができるカリキュラムが組まれていることが挙げられます。
中学受験を経験して中高一貫校に入学すると、高校受験がない学校が多いので中学生の時点で高校の学習分野を先取りして学習する学校が増えています。
このことによって高校3年生の時には既に受験の範囲は一通り終えている学校も多く、高校3年生の1年間は自分の苦手分野の補強や志望大学の過去問演習に時間をあてることができます。
そのため自分の目標に向かって努力する時間が増えます。
志望大学によっては傾向が似通っているところ、全く違うところと様々な大学があり、大学受験を突破するためには傾向を掴み、その傾向に沿った学習をすることが重要だと言われています。
これは普通の公立校では組めないカリキュラムとなっているため、中学受験をして中高一貫校に入学する最大のメリットと表現することもできます。
公立校では3年間で高校の学習をしなければならないため、なかなか先取り学習をする時間的余裕がないのです。
高校受験をしなくていいため、基礎的なことをじっくり学びながら3年間で無理に学習の定着を区切らずに6年間を通して学力を伸ばしていくというのは中学受験をした人ならではの経験となっています。