今中学受験をする子供やそれを必死でサポートする親御さんが増えてきています。
中学受験となると小学6年生という遊びたい盛りに受験勉強しなければならないのですから、本人にとっても大変ですし、親御さんもまた生活を切り詰めてサポートしなければならないのですから、かなりの負担になります。
また受験対策のために費用もかかるわけですから、金銭的にもかなりの負担になります。
公立中学なら受験もないし、無償で教育を受けられるのですから楽でしょう。
でもそこまでして中学受験するにはとてもよいメリットがあるのです。
現在多くの私立中学は中学と高校が一緒になった中高一貫校であるところが多いです。
中高一貫校のよいところは、高校にはエスカレーター式で入れるので、高校受験に翻弄されることがありません。
また公立の中学だと教師の人事異動があり、細かいところまでは目が行き届かないところがあります。
私立中学なら教師の異動はないので、同じ先生が指導してくれます。
生徒の個性や考え方も細かいところまで分かってくれますので、その生徒に合った学習指導をしてくれるのです。
しかも、中高一貫校なら6年間同じ学校で勉強できるので、6年間同じ先生が担当してくれるのです。