子供の進学について考える場合、地元の公立中学に通い、高校受験をする方法、中学受験をする方法があります。
ひとくちに中学受験といっても私立中学校、私立中高一貫校、公立中高一貫校と色々種類があります。
この中で中高一貫校のメリットは何といっても高校受験をする必要がないことです。
高校受験は、偏差値を重視し、知識の詰め込み作業を伴うので賛否両論あります。
しかし、中高一貫校ではそれがないので、じっくりと勉強や部活に打ち込み、充実した学校生活を送ることができます。
高校生と交流を持つので、自分の将来の姿をイメージし、自分と向き合って将来像を作り上げやすいことも特徴です。
学校によっては中学卒業を待たずに高校のカリキュラムを先取りして取り入れたり、分野別の縦割り方式で授業を進めたりするところもあり、大学受験を目指したものになっています。
制服も中学、高校とネクタイ、リボンの色が異なるなどはありますが、変わらずにそのまま過ごせるところが多いです。
特に公立は、私立と比べて学費が安く、先生方が熱心に指導してくれることもあり、進学を目指す熱心な家庭に人気があるという特徴があります。
入学の際に中学受験をしなくてはなりませんが、充実した学校生活を送る上では、一考の価値のある学校です。