子どもの学習発達について、中学以降の勉強の環境は非常に重要であるといえます。
高校から広がる選択肢を増やすことができ、その後の就職まで多くの影響を残す中学での学習は、一般的な公立中学校の他にも私立校も人気を誇っており注目を集めています。
そうした中学の学習環境としては、中高一貫校が注目を集めています。
こうした中高一貫校を中学受験で選択するメリットとして、6年間の一貫した学習環境が得られるので部活動などの活動を継続的に続けることができるということがあります。
部活動は学習とは別に就職に有利に働いたりします。
長く続けていて、実績を残していればなおのこと有利に働きます。
中学受験の際に、なにかやりたい部活動を理由に受験をするということも十分にありえ、こうした課外活動も中学受験の選択の際の非常に重要な選択肢の一つとなっています。
また、課外活動の他にも中高一貫校の場合では、継続して学習環境を維持することができ、仲間と切磋琢磨をして学習内容を高めることができます。
このように中高一貫校は、通常の三か年教育よりも盛りだくさんな学習内容や学園生活を体験することができ、生徒の自立心や社会への共感能力を育てることができます。